スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引退した……orz
・今回のレビュータイトル
 「マクロス フロンティア #05」
・今日のThe Golden Lore(ゴールデンロア)
アルフ君が引退しました orz
08050210.jpg
引退はある意味ハッピーエンドとは言え、寂しいなぁ…
結局、8年と1ヶ月、97回に渡る冒険で、同じパーティー内で死なせてしまった仲間は8人。これは討伐任務メインのキャラとしては驚異的な数字で、人を救う為に尽力してきたアルフ君に対する「ゲームの神様のえこひいき」と言える程です。
ゴルロアの神様は女だな。確実に。

> マクロスF
先週「私が脚本を書くなら次回はシエリルメインの話になるだろうなと。どういった経緯で今のシェリルがあるのかとか、アルトの生い立ちとの対比とか?」と書いたのですが、
08050216.jpg
08050217.jpg
08050218.jpg
なるほど、今回は「まずシェリルの魅力を描く」と言う事に集中し、シェリルの深い部分とかは複線的に触れただけかぁ…確かにそっちの方が良いですよね。
08050220.jpg
ホント、シェリルはカワイイなぁw
こんな無邪気な振る舞いの後に、
08050221.jpg
インスピレーションを感じてプロモードに切り替わり、所構わず創作活動にのめり込む所も良い。
08050222.jpg
とりあえず、先週アルトの父親である早乙女先生が顔見せで登場した為に、アルトとシェリルの対比として描かれるのは、芸能と言う分野でのアルトの小さい頃(父親との確執とか)とデビュー前のシェリルを対比するとかかなと思ったのですが、実際は「何故人は夢を追いかけるのか?」とウジウジした疑問を口にするアルトに「そうせずにはいられないから」と言う答えをシェリルが出すと言った展開でした。
対比が描かれる事が前提だったのは、人は自分に無い他人の美点に強く引かれるものですから、短期間で恋バナを進展させる為にはよく使われる手です。
しかし、今回のは一見対比のようでいて、突然創作にのめり込むシエリルに呆れて上記の疑問を持つ訳ですが、この疑問はSMSに入った自分や、ミスマクロスに出場したランカを省みて「はたして、それでよかったのだろうか?」と言った事が下地にあり、そんなアルトに「これでいいのだ!」と言い切ってみせるという展開であり、人が他人に引かれるもう一つの原因「他人に自分と同じ所を見つける」「自分と同じ事を、より強く思っている」と言う点を描いている訳です。
そして、それを効果的に演出する為に、前半でシエリルがアルトを振り回し、アルトにとってシェリルを「分かんねぇ奴」として描いたりしてる訳で(理解できなかった相手に自分と同じ所を見付ける)、同時にそれがシェリルの可愛いトコ描写にもなっているから、話の作りかたが非常に巧み。
「どういった経緯で今のシェリルがあるのか」と言う点は、イヤリングが複線になっているのかな?
「街は綺麗でスラムもないし」って発言とかも。
08050214.jpg
しかし、エロいw
「満員電車の中で携帯作動→痴漢として逮捕」と言う話を思い出した(^_^A

08050223.jpg
で、やっぱりランカとヴァジュラには関係があった様子。
それにしても、この首相補佐官…今回で気付いたけど、中の人銀さんと同じ人だったんだね(^_^A
一度意識すると、もう銀さんが喋ってるようにしか聞こえない…キバットも銀さんにしか聞こえないし(--;
声の引き出しが少ない人だなぁ……

08050224.jpg
小ネタでは、クラン隊の三人が女子高生っぽい私服で街にいたのがw
クラン大尉以外は本当に背景でしたが(^_^A
クラン大尉といえば、ミシェルの好みが「ゴージャス系のお姉さまタイプ」と言う件は、ロリコンだとばれない為のカバーか?
いや、普通に考えれば、ゼントランサイズのクラン大尉は好みなんだけれど、マイクローンになったら幼女化するので悔しさ半分でからかう…という事なんだけど。
あ、昔そういうキャラ居たな。
そう…赤ずきんチャチャのセラヴィー!
08050215.jpg
で、やっぱり「ルカがナナセ狙い」だった様ですが、付き合っている所かナナセはミシェル狙いだったのね(^_^A
08050219.jpg
あと、このおじさん&カバ牛もグーw
ハイリハイリフレハイリホー♪
ハイリハイリフレホッホー♪

そんな歌が良く似合いそうだw

08050225.jpg
一方で、ランカはデビューへの道が開けた感じで、次回のサブタイである「バイバイ・シェリル」は、(マクロスギャラクシーに帰れない可能性高いし)ランカが「憧れの存在であったシエリル」にバイバイして、憧れから目標として目指す存在に…と言う話かな?

08050226.jpg
個人的には、ヴィラン大尉はメインキャラに食い込んでくるのか、情報を伝え終わったら「ぐふっ…」なのかがちょっと気がかり。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。