スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パケット料金→少女マンガ原作
・今回のレビュータイトル
 「RD 潜脳調査室 #06」
以前も書いたのですが、通勤時に使えるワード&mp3プレイヤーとか、
録画した深夜アニメを見るのにしかアドエスを使ってないので(勿論、通話には使ってます)、パケット料金殆どかかってません…2、30円位?(^_^A
ブログの文章も、外で打つ事はあっても、それはtxt文でという意味で、ネットに繋いで書いてはいないからなぁ……高くつきそうだし、家に帰れば書いた文章PCに入れるのも直ぐだし…PCから動画や音楽データを入れるのは凄い時間かかるんだけどね(^_^A
だから、「ヴァンパイア騎士」の6話を一昨日の出勤中に見たり、「イタズラなKiss」の6話を月曜の出勤中に見たり……月曜の出勤中に見るぐらいなら、土日に家で見ろって話ですが(^_^A
レビュー書いてないけど、「イタズラなKiss」はなんか見ちゃいますね。てか、コレ絶対深夜枠で放送するアニメじゃないw
90年代の少女マンガと言うよりは、70年代80年代の少女マンガって感じだしね…そう、子供の頃に床屋に置いてあったのを待ち時間使って読んでいた「はいからさんが通る」に通じるものがある(^_^A
それに比べると、同じ少女マンガでも「ヴァンパイア騎士」は今風ですなw
08051510.jpg
今週の話は例のシーンで「エロッ!Σ(=ロ=;」「どう考えても性的な意味を意図してるーーーー!Σ(゚ロ゚)」と突っ込入りまくりでしたわ(^_^A
ツンデレ師匠はイイ感じだなぁw
でもこのアニメ、主人公の声が堀江由衣なおかげで、どうしても「フルーツバスケット」に重なる…
主人公→透
ゼロ→キョン
先輩→由希
って感じで(^_^A
話が進めば、この感覚が薄れるのか、逆に深まるのかは分かりませんが、今の私のイメージではイメージがダブって仕方がない(--;

> RD
私の中で、ミナモのヒロインゲージがストップ高です。
TRPGで、私が演じているギャブレットと言う人は「涙を流せない事」がコンプレックスなのですが(自分は冷血なんだなと言う)、そういう視点で見て、ラストの長い沈黙のあと
08051511.jpg
「私は……ほんの少し、眠っていただけ…なんですがね」
と、さびしそうに笑うハルにグッと来た訳ですが、その直後で
08051512.jpg
涙を流さないハルの代わりにボロボロ無くミナモにやられた!
それまでの演出も良くて、自分が植物状態になった事故の直前に、彼女に出した手紙をミナモの手から受け取り、
08051513.jpg
その手紙に、彼女の涙が落ちていたのを目にとって、
08051514.jpg
08051515.jpg
彼女が、結婚もせずに50年も待ち続けて、ついにハルの意識の回復を待たないまま逝ってしまったのだと。その事を、滲んだインクによって改めて思い知らされる。
泣くよ、コレが自分の身におきたら絶対に泣く。
その状況で、それでも笑うハルに泣けるわ orz
08051516.jpg
ハルがこの本の事を知っていたのは、知り合い(ミナモのおばあちゃん)が読んでいたからじゃなくて、自分の彼女が読んでいて、自分宛に手紙書いたからか…あと、ミナモに本を見せられてハッとしたのは、彼女の本だと言う事に気付いたからで、だから久島とあの本の話をしていた訳ね。
今回は、計算されてるなぁ…
しかし、人によってはこの本って特A級危険文書だな。ついつい本にのせられて、その気になって手紙を書いて…数十年後にその手紙が発掘され小ッ恥ずかしい目にあうと(^_^A

08051517.jpg
しかも、今回細かい描写が良かった。喫茶店(骨董屋)のマスターのさりげない優しさとか、不真面目な司書とか、読書感想文と電話のシーンで電脳化されてないのがミナモぐらいと言う事を描写したり、
08051518.jpg
ミナモが色々と可愛かったりw
てか、このアニメの女性キャラはカワイイよね。ミナモやホロンさんは勿論、ミナモの友達二人も、スレンダーな子、ぽっちゃり系の子両方とも可愛いし、ハルの彼女だった人も年取っても美人だったし。
アニメとして動いてカワイイのはアニメーターの功績だし、選出やコンテで可愛いと言う部分も在るけど、キャラデザの上山道朗先生の功績も大きいな。
ちなみに、上山道朗先生のブログ日記に、先週の「ホロンさんの嫌そうな顔想像図」が公開されていましたが…確かにスッゴク嫌そうだ(--;
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。