スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕は貴重な套路を見たのに…幼すぎて分からなかったorz
え~、私の蔵書の一つに「拳児」と言うマンガがあります。
バーチャファイターに代表される様な「ダイナミックな八極拳」と言う曲解を日本に広めてしまったマンガではありますが、逆に言えばそれ程までに後のゲームや漫画に影響を与えた作品という事であり、中国武術を代表とする武術の術利や哲学、過去の偉人について細かく描写されています。
実際、私のSRCシナリオの中国編は拳児を読んでいる人間がニヤリとするシーンが多くあります。

で、何故今回そんな話をするに至ったかと言うと、カンフー少女繋がりで、とあるなつかしの動画でを見ていた時に、その動きに「あれっ?」と思うシーンがあったのです。

冒頭部分からの動きは普通に太極拳で「おおっ、玉女穿梭だw」とか「金剛搗碓だw」とか「イーアルサンスーの所、蟷螂手だし、歩法からしても太極拳じゃなく蟷螂拳じゃないか?」なんてワクワクしながら見てたんですが、なんか途中の先生が独演している(「皆さんのリクエストを…」の)所…
この動き、何かものすごく見た事あるんですが……
これ、忽雷架じゃね?(--;
すぐさま拳児を引っ張り出して確認……
忽雷架だこれ!Σ(=ロ=;

そんな貴重なものを、

俺が何も知らない幼き日に、

無駄に垂れ流さないでくれ orz

忽雷架とは拳児にも登場する陳家太極拳の套路(拳法の練習に用いる空手の型のような物)で、詳しく知りたい方はリンク先でご確認して頂くとして、詳しく知らないでいいと思われる方は「子供が見て意味の判るものではない貴重な套路」だと思っていただければ良いかと思います。

他にも拳児見ながらこの画像を再検討すると、「単鞭を弓歩でやってるし、樓膝拗歩の動きからして大架だ」とか、色々と分かります…実に勉強になる。
つうか、忽雷架に限らず、動きを見られると言うのは私の様なマニアにとってスゲェ貴重で、大変勉強になります。
そんなマニア向け映像を幼児番組で流すフジテレビって……(--;
とりあえず、この動画は保存するとして、高画質の動画があれば永久保存モノですわ。

と、カンフーレディショックが大きく、ギアスのレビュー書いてる時間が無いので(帰宅が遅かったのもありますが、明日早いんですよ(--;)、ギアスのレビューは明日に回させていただきます。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。