スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週は忙しい(--;
・今回のレビュータイトル
 「RD 潜脳調査室 #09」
一昨日の晩は仮眠のつもりで爆睡しました(^_^A
そして、昨日は早出→残業のコンボで、帰宅後速攻で晩飯を作って就寝。
そんな訳で、やっとRDのレビューが書けるw

> RD
08060611.jpg
ソウタ、エロエロだーーーーーー!Σ(=ロ=;
いや、仕事人間を主役に描いた面白いエピソードだったわけですが、それでも一番インパクトあったのはエロだなとw
結局、私が今回の話を最初に視聴したのは電車の中だったし(アドエスに落として通勤中視聴)、脇から画面見えない処理がされていなかったら、セクハラになる可能性もあったなw
(電車という逃げ場のない空間で、猥褻画像を強制的に見せたとか言う理由でw)

08060612.jpg
で、その仕事人間のソウタ父ですが、家庭を引き替えにしただけの事を社会に対して果たしている訳で、部下にも信頼されており実に良い感じ。
ただの減点パパではないですよw

08060613.jpg
そんなソウタの父が、ベストの選択を取ったにも関わらず、理不尽とも思える処罰を受けたことに対してですが、何らかのミスが発生した場合には責任をとる人間は必ず必要になります。そして、責任者は責任をとる為にいるのです。
理不尽でくだらないように思えますが、何かあっても誰も責任をとらない社会よりは、遙かにまともな社会と言えるのです。
民衆は仕事はできるけれども私腹も肥やすみたいな政治家より、無能だけどクリーンな政治家を支持しますし。
問題は、緊急時に正しい選択をできる人間が第一線から退いてしまうことですが、有能な悪徳政治家がスキャンダルで一線を退いても、気が付いたら復帰してるように、本当に有能な人間は、処罰されても復帰できるんですよね。
08060616.jpg
電理研にとっては、その間の一時的なリスクを負う事になる訳ですが、仕事人間には良い骨休めかなと。

08060614.jpg
で、その息子ですが…いい子や!
母親が居ない事に対してショックを受けているのに、母親について行かずに父親と一緒にいる事で、仕事人間にとって稀薄な存在である「家庭」を守り、稀薄ではあっても、その存在を無にしない為に健気に頑張り、父親が食べる事の無いおにぎりを作り続ける……
ナニこの良くできた息子は!Σ(゚ロ゚)
ソウタの作ったおにぎりを食べて涙を流すお父さんに「良かったな…ソウタ(ノд≦。)」と、思わずもらい泣き。
親が駄目人間だと子供も必ず駄目になるとか言う教育家は多いですが、実際には駄目な親をそれでも好きな子供が、親を支えようと良い子に育つ事もあるんですよね。
口だけ教育家の子供よりも、ずっと真っ当な子に。

08060615.jpg
それにしても、今の段階ではただのお遊びだけれど、ダップーと言い、アイアンシュバルツと言い、良い感じで今までのエピソードの積み重ねが出来つつあるなぁw
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。