スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バグの箇所は不明だけれど…
・今回のレビュータイトル
 「マクロス フロンティア #11」
また、SRCのシナリオでバグが発見されました。
しかも、そのうち一つは今のところ原因不明です(^_^A
セーブデータを送ってもらい調べている所なのですが、コレがなかなかはかどらない(--;

で、ふと「面白いな」と感じたのがキャラの育て方。
その人のプレイスタイル毎に、色々な育て方ができる様にシステムを作った訳ですが、そういった意味では大成功。
そんな訳で、今回は「私がどういう風にキャラを成長させているのか?」と言うのを公開。
1週目、15話クリア時点のデータです。

08062114.jpg
先ずは主人公であるギャブレット。
中国編で「極限状態」を習得し、オデッサ市のイベントでライジングアッパー(と、愛用の大型拳銃)をホセから継承。
極限状態発動&気力120以上での「見切り」発動により、トドメ役のボスキラーとして活躍(ある意味主人公らしいw)。
しかも現在は「激怒」を使用可能なので(カオスフレームによりギャブレットの使用できるSPは異なる)、ボスのHPを一方的にゴリっと削れて非常に強力です。
属性の特化は「遠距離支援」型。「射撃」が高いので「中/近距離戦闘」に特化せずともそこそこ行けるし、遠距離支援型は射撃能力が高くないと、せっかく長距離から攻撃できても意味無かったりするので、(敵の「ひらめき」を剥ぐ係りと割り切らない限り)ギャブレットやソーン辺りが適任かなと。
あと、ジオンの(水陸両用MS以外の)MS乗るならリロードの習得は基本中の基本。ギャブレットだと、バズーカ使用率が高い(弾数が少ない)ので、かなり重要…でも、ヒルダはバズーカの予備弾倉付いてないし、アイテムのバズーカ予備弾倉はブライアンに取られちゃってるので、今はまったくの無意味(--;
MSはヒルダガルデ(旧ザク)。改造は装甲5段階(MAX)、出力4段階(MAX)、武器5段階(MAX)。
08062123.jpg
シドの望みどおり、強化型に改蔵済み。
ギャブレットの格闘能力値の高さ(中国での修行の成果)と相まって、反応差10から二回殴りが発生する「格闘」が鬼のような強さです。
08062122.jpg
これなら、遠い将来にガンダムと力比べをしたって負けないぞ!
…アレは力比べをしたガンダムが、(未来の科学技術で)ザクに比べて極端に軽すぎる為、力で押すとガンダム自身の力で自分が下がってしまい力比べに負けた様に見えてしまうのが「互角」の原因だろうけど(^_^A
アイテムは「ハンドキャノン」(マゼラトップ砲)で遠距離支援を活かし、機動戦対応と二回殴りできない相手への爆発力として「ビッグガン」(デザートザクが持ってる奴ね)を装備。さらに「エースのエンブレム」で「見切り発動で完全回避→回避による気力+2で、見切り発動の気力-2がチャラ」と言うコンボ。

08062115.jpg
次は、文句なしのエースであるソーン君。
勝手に駆動系を改造しちゃう彼は、徹底的に「避ける戦い」を主眼とした育て方をしました。この為、少しでも被弾率を少なくしようと「未来予測(気力130以上で反撃時に先制攻撃)」を習得。
属性の特化は長所を更に伸ばす意味で「中/近距離戦闘」型。これによって、馬鹿みたいな射撃能力の高さに(^_^A
中/近距離戦闘に特化しており、ソーンの乗るグフには75mm5連装機関砲(指マシンガン)という取り回しやすい武装が内蔵されている為、90mmピストルを一丁装備させているだけで「75mm5連装機関砲→90mmピストル」という連続攻撃でガンガン押していけます(90mmピストルが二丁あり、パイロットが中/近距離戦闘に特化しているなら、グフ等でなくとも同様のコンボは二丁拳銃で可能)…が、このデータでは90mmピストルを拾っていないのでした!残念!Σ(=ロ=;
改造は出力4段階(MAX)、駆動系5段階(MAX)、武器5段階(MAX)。
グフはザクに比べて改造費が高いので(武器改造はザクと同じ値段)、コレは明らかに改造しすぎ!
しかし、おかげで単機で突っ込んで行っても、敵が「必中」とか「直撃」を使ってこない限りはまず当たりません!
その代り、無理な軽量化が祟ってHP2200とか凄い事になっているので、「必中」とか「直撃」はマジ簡便な(^_^A
アイテムは、90mmピストルを拾っていない為にハイパーライフルの依存率が高くなり、(私の場合は)単機駆けとかをする場合が多いので、自力補給の必要性から「補給ユニット」を装備させています。
また、回避主体の為に「テストパイロットの誇り」を装備させて気力をガンガン上げています(回避すると気力+2、被弾時に気力が上昇しなくなる)。
ザコ相手には、まさに鬼神の如き強さを誇ります。
でも、本当に「必中」とか「直撃」には弱いです。

08062119.jpg
ラディッシュですが…ソーンがガンガンザコを片付けている為に、あんまり成長してません!(^_^A
基本のリロードを習得した位か?
高めの能力と使いやすいSP&機体で、育て方次第でかなり強いキャラなんですけどね(^_^A
改造は装甲2段階と武器5段階(MAX)。
装甲を3(4)段階まで改造すると移動力が低下する為に、とりあえずの装甲2段階改造と言うのは基本中の基本。しかしHP目当てに装甲4段階改造と言うのも、ある意味で基本中の基本(装甲5段階改造は、HP的にはガクンと落ちるので)。
本当は、ラディッシュ、クリス、ブライアン辺りはセンサーも改造した方が攻撃を外す可能性が減るので良いんだけど、そこは「集中」等のSPや、威嚇射撃、爆風等で切り抜けてます。
アイテムは「長距離Mランチャー」+「高性能レーダー」のコンボで、遠距離支援の特化をしていないのに射程5を獲得。でも、ロングレンジミサイルを売りにするならセンサーをガンガン改造するべきなんだよね(とりあえず、4段階改造でロングレンジミサイルの射程はさらに1伸びるので)。
さらに、15話で手に入れた「ブラックジャックの隊章」も装備しています。やはりコレはラディッシュが受け継ぐべきものでしょう。彼以外が付けた場合、どんなにレベルが高くともエンブレム系アイテムに存在する装備アイテム数カウントの免除はありませんから。

08062116.jpg
クリスも、ラディッシュと同様の理由でイマイチ成長していませんが、「直撃」「隠れ身」「気転」と言うSPのおかげで、ギャブレット同様爆発力のあるキャラになっています。いざとなれば「熱血」もあるしね。
でも、クリスがあまり成長していないのは「ガッツ」を習得させる為の貯金で、防御能力値の低いクリスにとって、「ガッツ」は他のキャラがそれを習得する以上の能力UPになります。でも、ニュータイプがガッツを習得するのは、非常に辛いんですよね(^_^A
そういう意味で、ブライアンは特だ。周回プレイを利用して、ニュータイプに覚醒していないプレイの時にニュータイプでは習得し難いスキルを習得し、ニュータイプに覚醒したプレイの時にはオールドタイプでは習得し難いスキルを習得すれば良いのですから。逆に、それを把握していないとブレイバリーの無駄使いに…(--;
話をクリスに戻しますが、彼のパイロットクラスの特化も悩みどころ。後方支援型に特化すれば、彼を修理や補給役にしてかなり楽ができるのですが、一方で後方支援型でボーナスのあるSPの中に、彼が拾得するSPはありませんから、そういった意味の旨味は無い訳ですが、クリスは元々「集中力」と言う固有スキルで消費SPが20%軽減されている為、消費SPの軽減ボーナスを無視してよいと言えます。
それでもSP重視で考えるなら、彼の重要な戦術の一つ「隠れ身」の消費が20になる情報分析型への特化が有効ですが、地上戦に降りた後は偵察機に乗る機会が無い為、かなり先まで特化ができないという事態が発生します。
そういった意味でも、クリスはしばらくブレイバリーを貯金しておいても良いかなと。
改造は装甲5段階(MAX)、武器5段階(MAX)。
本当はこんなに改造する必要は無かったのですが、以前は装甲を4段階改造しており、「やっぱ、修理役が鈍足ってのは致命的だ orz」と言う改造ミスにより5段階改造を余儀なくされました(--;
装備アイテムですが、シドの改造した旧ザクのインチキ的ペイロードを活用し、「リペアユニット」「熱核ジェットホバー」「腕部三連ミサイルポット」(デザートザクのラッツリバー式三連ミサイルポット)「クラッカーポット」「生還への執念」とてんこ盛りです。
リペアユニットは回復役の基本で、熱核ジェットホバーで移動力をUP(データでは増えていませんが、地上でのみ移動力+1)して、回復ユニットとして運用し易い様になっています。
で、クリスと言えば腕部三連ミサイルポットによる「直撃+ミサイル連続発射」で、ミサイルフル装備状態から全弾撃ち尽くし、撃ち終わったら「気転」を使って腕部三連ミサイルポットを外して装備しなおして弾数回復。武器改造&気力次第でかなりの爆発力があります。このゲーム、半端にボスを攻めるとHPとかSPとか回復するので、三回連続攻撃と言うのは鬼畜です。ハッキリ言ってギャブレットに次ぐボスキラーと言えます(隠れ身もあるので、ボスの削り役にも重宝するし)。
アイテム装備数の多い機体に「気転」を持った奴が乗ると強いです。リペアパーツとか、補給パーツも無尽蔵に使えますし(持っていればですが)。
クリスはSPをガンガン使っていけば鬼の様に使えるんですけどねぇ…SPはいずれ尽きますからね(^_^A
オデッサ市で各国のレーション詰め合わせを手に入れているなら、クリスに(気転で)装備させてSP回復ってのも良いでしょう。

08062120.jpg
最後にブライアン。
クリスやラディッシュと比べても一段落ちる彼ですが、技量と防御は高かったりします。
そんな訳で(乗っているMSに予備弾倉が無い事もあって)、基本である「リロード」も取らずにタフネスを2Lvに上げています。
彼がどのタイプに特化するのが良いかは悩む所。ドレット大尉のお勧め通り、特化する為のボーナスがある14話で「中/近距離戦闘」型に特化しておくのがベストか?
MSは14話で入手条件を満たしてドム・トローペン。
トローペンは14話で無改蔵で入手するユニットの為、資金的な問題から改造は装甲2段階、武器2段階だけですが、それでもラケーテンバズの攻撃力は1500と全ユニット中トップクラス(実際には、クリティカルでダメージが倍になるハイパーライフルの方が強いですが)。
このラケーテンバズを活かす為に、アイテムは「バズーカ予備弾倉」を装備。
ドム・トローペンは4種の武装に換装可能なMSで、重装備型に換装すれば、アイテムで予備弾倉を装備しなくとも、ユニットが予備弾倉を持っているのですが…装甲の表面に幾つもの火薬の塊をぶら下げて歩いている重装備型は防御力に致命的な欠点があり、いくら防御力の高いブライアンでもちょっとヤバイので、攻撃力、防御力、運動性のバランスが良い通常型に落ち着きました。
でも、ブライアンが白兵戦闘に特化しているなら、ヒートサーベル二刀流、ヒートサーベル(衝き)、一撃離脱等が使用可能な白兵装備型が、ブライアンの防御力の高さもともマッチして、強力であると思われます…反応の低い(更に格闘能力値も低い)ブライアンが、白兵戦に特化する旨味はあまりありませんが(^_^A
中/近距離戦闘型に特化しているなら、マシンガン両手持ちが可能な強襲用装備型で間違いは無いはず。
ちなみに白兵装備型も強襲用装備型も、ラケーテンバズは持っていません。

> マクロスF
08062124.jpg
ああ……コレはシェリル勝利の様でいて、実は「俺はパイロットをやるんだい!」的にアルトが父親から逃げただけという感じが(^_^A
3話のレビュー時にも書いた事ですが、やはり、アルトの中で父親は大きい存在みたいだなぁ…
08062125.jpg
回想でチラッと出ていた母親らしき女性が確執に影響しているなら、山岡さんと雄山の様だがw
08062126.jpg
兄さん(あくまでも芸人が兄弟子を「兄さん」と呼ぶ意味であって、変な意味は無いと思うぜw)も指摘していたアルトの「逃げ」ですが、嘘も言い続ければ真実になったりする様に、世の中には後からくっついて来る物が大きな意味を持つ事が多々あるのです。
だから、最終的に逃げ続けていたら、そこに道ができていたと言う風に帰結するのがアルトの「逃げ」イベントのオチかなぁと思うのですが、戦いが終わると言う形で自分の頭皮に決着を付けてから本来の道に戻るというのも良い形か?

08062127.jpg
で、「世の中には後からくっついて来る物が大きな意味を持つ」の実証例と思われるシェリルさん。彼女の自信も、初めは根拠の無い自信だったんだろうなぁと言うか、何も無い時から、そしてビッグスターになった今でも虚勢を張り続けているんだろうなぁと言う感じが、今回だと「当然でしょ!あたしはシェリルだもの」と「ありがとう…来てくれて」に集約してるんじゃないかなぁと。
そんなシェリルの本音を、「何か言ったか?」で返すアルトは、ラブコメの主人公としてふさわしい朴念仁ぶりだ(^_^A

08062128.jpg
「アルトくん……… ハッピーバースディ」のシーンは、ランカがけなげすぎて泣ける。
ええ子や……
でも、そのけなげさが重い(^_^A
アルトへの留守電のメッセージも、あのタイミングのアルトにとっては重すぎです(--;
そんな、ランカの重さを全部ひっくるめて抱きとめられる相手は、現時点ではシスコン兄貴だけだと思うぜw
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。