スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また気分転換のアイコン作り
・今回のレビュータイトル
 「コードギアス 反逆のルルーシュ R2 #13」
昨日は録画してあったアニメ纏めて見て、あまり時間もなかったので…
SRCのシナリオは進めず、アイコン描いてました。
ザナック2
まだ登場予定先なのですが、「干物のザナック様(グラン談)」ことザナック親衛隊中佐。
ADDの三悪人シナリオにおいて「ドロンボー様」的ポジションに居る、イーブルエンパイアの皇帝にして邪神タナトス復活を目論むリッチ。
本作では宇宙線による後天的遺伝子異常で、30代にしてこの姿と言う設定。
宇宙放射線ってSFっぽいよねw

> ギアス
公認カップル化→ギアスキャンセラーは死亡フラグだと確かに先週書きましたが…
08070610.jpg
死ぬの早すぎだ!Σ(=ロ=;
せめてもう少し、ルルーシュとシャーリーにいい目を見せてやれよ…
「不幸を与える為に、PCには幸福を与えろ」は基本で、だからこそこの展開も予測できた訳ですが、もう少し幸せを描いてからでもいいじゃん。

08070611.jpg
さて、シャーリーの立場で今回の話を振り返ってみると、ルルーシュと皇帝のギアスで、シャーリーの周囲は操作されまくっていた訳です。おまけに、ナナリーが皇女だと知らないで一緒に居た訳ですから、ギアスが解除された上にナナリーが総督になっている現状に対して、混乱するのも当然でしょう。
まぁ、悟りを開いて全てを受け入れる事ができるような賢人でも無い限り、何を信じて良いのか分からない状態になるでしょうね。
08070612.jpg
そんな中で、ルルーシュの思いは本物だと直感し、ルルーシュとスザクのぎこちなさから二人が共謀している訳ではない(=ユフィの死で、スザクはルルーシュを許せないでいる)事を察し、ルルーシュがたった一人だと理解し、だから自分はルルーシュを許そうと言う結論に至る訳です。
ルルーシュが好きだから。
08070613.jpg
だから、スザクに対しての「許せない事なんて無いよ。それはきっとスザク君が許さないだけ。許したくないの。あたしは、もうとっくに許したわ」と言う台詞に繋がる訳です。
スザクは自分と同じように大切な人をルルーシュによって失い、ルルーシュを許してしまったら死んでしまった者の立場はどうなるんだという思いがあり、ルルーシュを嫌いじゃないのに許したくない。
それが分かってしまうから、それを不幸だと感じてしまうから、あの台詞がある訳で、少なくともシャーリーはルルーシュとスザクが敵対するこの状況は二人にとって不幸であると考えているんだなぁと。

08070614.jpg
ルルーシュにしても、シャーリーが落ちたときに、おそらくは何の計算もなく、完全にスザクが自分を助ける事前提で(あと、スザクが片手で人間二人を支えられる前提でw)シャーリーを助けに飛び出しましたし、スザクも完全にルルーシュとの確執を忘れていたはずです。
08070615.jpg
だからこそ、シャーリーが助かった直後、ルルーシュもスザクもお互いの確執を完全に失念して、昔の様に話していた訳だし、
08070616.jpg
スザクが我に返ってユフィの事を忘れてルルーシュと「演技ではない」談笑をしてしまった事に嫌悪する訳で……許してはいけないと思うからユフィの名にすがる訳で……
まぁ、シャーリーが今の二人の関係を不幸だと思うのも無理ないわな。

08070617.jpg
今回、ルルーシュの心境はパス。
特に語らなくとも分かりやすいと思うし、こういう場合ルルーシュとギャブレットは切り離して考えられないので、ルルーシュには関係ない「不幸を与える為に、PCには幸福を与えろ」と言う方針によって私(ギャブレット)が受けた体験を思い起こして鬱になるのが目に見えて…(--;
もうね、「俺はもう…失いたくないんだ!何一つ失いたくない…」のシーンキャプるだけでシンクロし、ダメージ受けてしまう位なんで、本当に簡便してください…orz
そういう、「失ってはならないものを失うからこそ話になるんじゃぁ~w」とニカニカしながら話作ってる人は、本当に性格悪いですね(褒め言葉)。

08070618.jpg
ロロのシャーリー殺害に関しては「ああ、そうだよね」って感じ。
ロロが通常の人間と根本から価値観が異なるというのは4話のレビューで書きましたが、そういった人を殺す事が悪い事でもなんでもない日常的行為であるロロにとって、「偽りの今」を守る為にシャーリーを殺す事は実に当前の行為なんですよね。根本的な価値観の異なる存在が自分に靡いて寝返ったとしても、現実的にはその価値観の違いから「めでたしめでたし」で纏まる事はなく、こういった悲劇は起こるべくして起こる訳です。
また、ロロがあまりにも忠犬ぶりを発揮する為、後々ロロを切り捨てる際にルルーシュに免罪符が必要になるんですよね。今回のシャーリー殺害がその免罪符であり、同時に仮にロロを許す展開があったとしても、「シャーリーを殺した相手であっても、それでも許す」と言う「許す覚悟」と言うか決意の重さが段違いになって来るわけです。
まぁ、殺された当人であるシャーリーなら或いはロロを許すかもしれませんが、ルルーシュがシャーリーの事を知ってロロを許す状況って、あんまり想像できないけどね(^_^A

そして、今回外す訳にはいかないのが…
08070619.jpg
ジェレミア卿ーーーーー!Σ(゚ロ゚)
何だこの展開は!複線も何もなくイキナリだったからぜんぜん読めなかったよ!
スゲェ!命をとして真実を得ようとした行動によって、ジェレミア卿の評価がオレンジ君から忠義を貫く騎士にw
卑怯だけど、この展開は良し!
08070620.jpg
新OPのヴィレッタの嫌そうな顔も良しw

08070621.jpg
あと、こんなカッコで「くノ一じゃありません」も無いものだ(^_^A
一期の頃は、咲世子が本当はこんなキャラだなんて夢にも思わなかったw
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

ピクチャードラマ
前期シリーズDVDの?巻に、STAGE3.75としてピクチャードラマが収録され、そのなかでジェレミアはマリアンヌを守れなかったことを悔い、涙を流しています。
K.R. | URL | 2008/07/12/Sat 22:46 [EDIT]
> RE K.R. さん
なるほど、複線が何もなかったわけでは無いのですね。
でも、やはり本編で欲しかった所ですねぇ……
知らないとイキナリすぎる。
黒川 | URL | 2008/07/13/Sun 21:56 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。