スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜は休み…そんな日常もあったか(--;
・今回のレビュータイトル
 「マクロス フロンティア #14」
日曜なのに、今日も今まで仕事(帰宅7:40)。
当然、昨日も仕事。代わりに火曜か水曜休めるように交渉しているが……無理っぽい(--;
さて、そんな訳で、16話の製作所かブログも遅延気味。
そんな訳でRD14話のレビューは総集編だし省略。

> マクロスF
08071210.jpg
ああ、なるほど。
(今回のサブタイが 「マザーズ・ララバイ」 なだけに)この人がママンなら、前回顔が隠れていた理由も納得。
さらに、先行版の予告でのアルトの台詞「俺たちが生き残るには、あいつらを殺すしかないんだ!」の「あいつら」が、ブレラ達ではなくヴァジュラである可能性が限りなく高くなってきました。

08071211.jpg
意図的になのか、それとも単に失敗しただけか、敵のど真ん中から自力で脱出するシェリルの奮闘が、今回ちょっと否定的に描かれています。
確かに、今まで気を失ってる間は大丈夫だった訳ですから、もう少し機会を待てばバルキリーを撃墜されたり、ルカが窮地に立たされる事もなかった訳です。
でも、まぁ、待っているだけで何もしないのはシェリルじゃないし、前向きな努力が常に実を結ぶわけでは無いのですから、エピソードとしてこの流れは良し。
しかしながら、コックピットの中で奮闘する生のシェリルを描くか描かないかで、印象は大きく異なってくると思うのです。
具体的には、今回のようにそれを描かない場合はシェリルの努力が直接的には見えない訳ですから、視聴者側からはシェリルの奮闘に共感が持ち難く、直接的に見せれば「ああ、シェリルも未熟なりに必死で頑張っているんだなぁ」となる訳です。
これが、マイナス面が少なかったシェリルにマイナス面を作らないとバランス悪いからみたいな意図的なものか、単なる演出ミスかは後の展開を見ないと分からないなぁ…
あと、「私はシェリルなんだから!」みたいな台詞を言い放つ彼女が嫌っていう人もいるかもしれませんが、アレは自己暗示みたいなもので、自分が「そういう奴」だと先ず自分で信じる事で自分をノせていると言うか、悪く言えば裏打ちされた自信を持てないから自己暗示や根拠が無い精神論に頼る事になる訳ですが、良く言えば「先ず行動!」と言う人間がそういう人間である為に必要な超ポジティブな発想。
ただ中身が無い訳では無いんですよね。むしろ、中身が無いのに行動的になれる原動力みたいなもので…良くも悪くも、それを言う事ができるからシェリルはシェリルなんだなぁと。

08071212.jpg
しかし、ルカ…
思いっきりな死亡フラグ立てるもんだから、シェリルとミシェルを助けようとして死ぬのかと思ったぞw

戦闘ではアルトの活躍よりも…
08071213.jpg
ピンポイントバリアパンチでヴァジュラをぶち抜くVF-19に燃えた!Σ(゚ロ゚)
漢の武器、それは拳!
でも、ハリネズミ(SRCのシナリオ、アナザー14話のクリスが脱走しているルートで、ギャブレットが乗るザク)の8連装グレネードがマップ攻撃も可能にデータ追加されたのは、今回のアーマードパックのミサイル斉射を見たからだったりします(^_^A
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。