スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暑くてやる気が出ない
・今回のレビュータイトル
 「コードギアス 反逆のルルーシュ R2 #16」
 「RD 潜脳調査室 #17」
 「マクロス フロンティア #17」

最近、暑くて何もやる気がおきない(--;
そんな訳でダラダラしていたら、ギアスの16話レビュー書いて無いのに、明日はギアスの日……
まとめて、レビュー書きます(^_^A

> ギアス
08080210.jpg
え~と、ナナリー救出と言う話ですが、ナナリーの意志という点において、ルルーシュのやろうとしている事は救出ではなくただの拉致監禁と言うような事を以前にも行いましたが、ここで皇帝から守る為という大義名分が出てきた訳ですな。ルルーシュ自身の行動がナナリーの身を危うくした訳ですがw
ここら辺の「勢いに乗ってバンバン行くけど、大切な事が疎かになって足下をすくわれる」ってのがもうパターン化してますな。
このミスで地味にポイントなのは皇帝の登場でゼロがオタ付くところを藤堂が目聡く見ていたことですね。だから藤堂はゼロの発言を待つことなく「日本万歳」の音頭を取った訳で、それ自体は藤堂が有能で臨機応変に動ける男であるという話だけど、藤堂はゼロの能力を買って下に付いているだけなので、「ゼロは皇帝にビビっている」とか言う疑念を持たれる事はNGな訳です。
朝比奈の件もあるし、或いは造反フラグか?

08080211.jpg
で、まぁ失敗そのものはルルーシュだから仕方がないとしてw
その後の対応で、スザクに頭を下げたのは良し。大切なものを守る為に何だって出来るというのがルルーシュであり、その「何でも出来る」の中の一つとして、意地とかプライドを捨てる事も含まれているというのがね。
基本的に、自分の目的の為には人を人とも思わずに平気で踏みつぶし、自分の力だけを頼りに我が道を行く人間が、他人に頭を下げる事の意味というか、それ程にナナリーが大切だという事が伝わってくる。
ある意味、このテのキャラの必殺技だよね。

08080212.jpg
次回、スザクとの対面があるわけですが、ここでも策を労さずに真っ正面から行くと、「ナナリーの為にはそこまで出来る」って事を、スザクや視聴者に見せつける事が出来るんですが…ルルーシュはどう出るか?
まぁ、真実心から無策で誠意を見せると言うこと以外にも、無策が最善策という計算があるパターンもあるんですけどね(^_^A
信じる事はできないけれど、信じるしか打つ手が無いから信じるとかw

> RD
08080213.jpg
アンラッキーがハッピーに変わる瞬間。
ああ、こういう話スゲー好きだw
今回、アオイ家大集合の話な訳ですが、

08080214.jpg
ミナモのおばあちゃん、ハルさんのこと好きだったんだなぁ。
ハルさんが朴念仁でおばあちゃんの気持ちに気付いてくれなかったし、沙織さん(6話の)がいたから身を引いたわけね。
ハルの手を取り「元気でね」と言うシーンで、二人の顔を映さないとか、凄い良い演出!
ホントRDは名作だ!
そして、本当にハルさんは朴念仁だ(^_^A

08080215.jpg
で、ミナモやミナモおばあちゃんの「答えを直感的なもので理解している」は、能力として論じられるニュータイプの本来の能力であり(ニュータイプ能力は別にオールレンジ兵器使える人の事じゃないので)、古くは巫女だのシャーマンと呼ばれていた能力で、別に能力として新しいものでも人類の革新でも何でもないんだよね(逆シャアで、インドで修行したクエスが、高いニュータイプ能力を持っていたように)。
地球から移り住んで失ったものを嘆く宇宙移民に対して、ダイクンが政治で宇宙進出が人類の進むべき道であり、宇宙移民は地球に住む人間より先んじていると言っただけで(そして、そういう話で夢見ちゃった人が居ただけで)、人類の革新云々は、単なる民意を誘導する為の虚言。
だけど、その虚言で初期の宇宙移民たちは宇宙移民としてのアイデンティティを持つ事が出来たわけで、嘘も方便という奴でしょう。
そして、そんな方便を必要としなくなったから、未来(Vガンダム辺り)ではニュータイプという言葉が無くなった訳で、ある意味、そっちの方が意識の革新と言えるのでは?
って、RDと関係ねぇ!
更に、今回のキャプ画像が全部おばあちゃんだw

> マクロスF
08080216.jpg
死亡フラグ全開!Σ(゚ロ゚)
タイトルから、過去の回想から、パインから、昔の彼女とより戻すのから、ランカの為に単独で秘密を嗅ぎ回るのから、不可能を可能にしちゃうのから、整備員が血塗れのコックピットを見て驚くのから、あれほど避けていたランカの歌をちゃんと聴くとか、今回はオズマの死亡フラグが嵐の様に!

08080217.jpg
そして、死亡フラグ全壊!
何このフラグクラッシャー!
しかし、バサラの歌と言い、パインや驚く整備員と言い、今回旧作見てないと分からないネタだらけだ(^_^A
まぁ、ロイ・フォッカーの死に様(パイン&戦闘終了後、恋人と二人でよろしくやっていると思ったら、同時刻、整備員が血まみれのコックピットを見てビックリ)をここまでなぞらえた以上、本当に死んだらTV版の1作目を知っている視聴者から非難ごうごうだろうが…(--;
あと、戦闘シーンのバサラの歌はもう少し聴きたかった。
盛り上がる直前で寸止めなんだもんなぁ(--;
「そんな歌知らねぇよΣ(゚ロ゚)」って人は、とりあえず

コレ再生して、今回のレビューのBGMにでもしてくれ(音量注意)。
ちなみに、最近Fだけじゃなく「マクロス」全般の曲をアドエスにぶち込んでいたので、イントロで「TRY AGAIN」に気付いて、「歌は入らないだろう」と思っていた所に不意打ちで思わず感動。
歌入らなきゃ気付かない人も多かっただろうし、歌入って思いっきり燃えたし、旧作ファンにとっては今回物凄く良い話だった。これだからこの作品は良いw

08080218.jpg
「おいしくないよ!」には泣いた。
パインケーキに行くまでに、ランカと色々とあったと思うんですよ。でも、何でそれが駄目で、おいしく無いパインケーキで心を開いたのか?
もう、キッチンとかグチャグチャで、エプロンに生地跳ねまくりと、オズマにとって完全に不慣れな作業を一生懸命がんばって、それでもおいしくない。
どれ程、普段から縁遠い事を自分の為に必死でやっているかって事を「不味いパインケーキ」が何より雄弁に物語っているから、子供ながらに「ああ、この人は信じてもいいんだな」って思った訳ですね。
良い話だ。

08080220.jpg
あと、髪型気にしたり、「誰が貴様など待つか」とか、ヤキモチ焼いたりとクランが可愛いw
惜しいと思ったのは、小さいクランが可愛くても当たり前なので、大きいクランでやった方がギャップがある分だけ、乙女心120%増しで可愛かったと思う……ルカにはモロバレだったし、大きなクランが暴れたらミシェルじゃどうにもならないけど(^_^A
今回何気にクランが大学に通っている事が会話の中で出てきた訳ですが……女子大生?
小学生にしか見えない(^_^A

08080221.jpg
で、クランが勘違いした薬剤師関係からか、シェリルがグレイスの不振な動きに気付いたようで、いよいよ次回シェリルが凹む話になりそうで、今から楽しみだw

08080222.jpg
あと、愛くんがヴァジュラと言う伏線の演出(と言うか暗示)も良い感じ。
私のレビューではヴァジュラとの最終決着が和解である事を前提に描いていますが、主人公であるアルトがヴァジュラと積極的に関わっていない以上、最終的にランカはヴァジュラ側について、アルトやシェリルがランカを説得する形になると思うんですよね。
で、ランカがヴァジュラ側に行く動機が愛くんなんだろうなと…愛くん死亡フラグ?
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。