スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当は怖い敷金0円
・今回のレビュータイトル
 「「RD 潜脳調査室 #18」
 「マクロス フロンティア #18」

さて、世の中には目先の「得に思える条件」で大損をする人がいっぱい居ます。
詐欺師の類はそこを巧みに突いてくる訳ですが、軍事作戦だろうが恋の駆け引きだろうが、人間同士の駆け引きと言うものの基本的な考え方は同じです。
詐欺師のテクニックを知る事は、その手口にだまされなくなるだけではなく、詐欺師の考え方を学ぶ事で「駆け引き」のコツを掴む事もでき、ひいては話を作る人間にとって中々重要な事だったりします。

例えば敷金&礼金0円。
一見、非常にありがたい話ですし、学生や新社会人の一人暮らし等は金がとにかく無いので、こういう条件で部屋を探した人も多いかと思います。
そんなアナタ、ほぼ確実に合法的な詐欺に有ったようなものです。
人が何ヶ月か暮らしていれば、壁やカーペット(たたみ)等は必ず汚れます。基本的にそういった汚れや傷の修繕は敷金から出ます(逆に言えば、壁をぶち抜いたとか家を燃やしたとかでも無い限り、部屋を出る時に金を払わなくても良い)。
が、敷金0円と言うのは、部屋を出る時に大家や不動産屋が「壁紙とカーペット全交換する」と言えばその費用を向こうの言い値で払わなければならないと言う事を意味しています。
コレを利用して、ある大手不動産屋(「♪お部屋探しは○○○○で」と言うTVCMで有名な)等は、ワンルームのアパートを出る時に、壁紙の傷(壁の傷では無い)で30万を請求してきたと言う話があり、しかもこの請求はどう考えても過剰ですが、請求書の計算上合法なので(流石TVCM流せる大手だ、やる事がエグイw)、部屋を出るときは払う必要があるのです。
つまり、敷金0円って、基本的に入る時に金かからないだけで、出る時は怖いですよと言うボッタクリバーの様なシステムなんですよね。そういう契約で部屋を借りているんだから、法律相談所に逃げ込んでもムリ。どうしても相手の請求する金額が払えないなら夜逃げをお勧めします。
唯一の逃げ道は、最後に不動産屋(大家)が壁紙やカーペットを替えてから7年以上住んで、そういった傷が「自然劣化」と認められるまで引越しを待つ事。法的に修繕費を支払う義務がなくなりますから。
それでも○○○○は高額な請求を行ってきたそうですが、法的な話をしたら請求を取り下げたそうです。流石大手、何も知らない無知で真面目な市民からガッポリもうける詐欺まがいの手口。引き際も見事だw

> RD
08081011.jpg
おおっ?ホロンさんが心を持つイベントか?
とか思うのは、トーキョーN◎VA(TRPG)で、私の演じるキャラのバディAI(高度な疑似人格を持ったAI)が、高度な意識体(いわゆる神様として崇められている類の…ぶっちゃけ白き狼の守護者)と接触した際にAIであると同時に「心」を持つ意識体(人工的な精霊とでも言うべきか?)に進化したと言う経験を呼び起こされたからですがw
でも、高度な疑似人格を持つAIと、超自然的な力を持つ意識体の接触とか、SFとして面白い題材だよね。
本筋に絡んできそうだし、後半も楽しみだ。

> マクロスF
さて、今回は色々と今までの予測が当たったとか外れたとかあった回なので、予測の修正を行う意味でも過去の予測をおさらいしながらレビュー書いてみます。
08081012.jpg
先ず外れ。
当初(2話のレビューから「思わせぶり」と書き、7話レビューでマヤンの民、8話レビューで「巫女」と断言)から予想していたシェリル・ノームは「マヤンの血を引く巫女」と言う予測は大ハズレ。ノーム姓はグレイスが拾ってきたシェリルを単純な被検体として扱う事をマオがためらい、養女にしたとかですかね?
イヤリングが「母親の形見」と言う6話の発言は、マオの事を義母と言っているとか?
超展開(実はサラの娘)でもない限り、血縁ではないでしょう。
ところでこの写真、左がグレイス、中央が年取ったマオ、右がランカの母親とかで、後ろの瓶詰めはヴァジュラだよね?
V型感染症がヴァジュラに由来するもので、マオがV型感染症の研究をしている経緯を考えれば、「ヴァジュラによるV型感染症≒鳥の人による、ウィルスを媒介とした遺伝子操作(猿→人)」「頭部を無くしたヴァジュラがランカの歌で活性化≒頭部のない(or頭だけの)鳥の人がサラの歌で活性化」って可能性が深まった…と見るべきか、シェリルのノーム姓同様「ブラフ兼伏線」なのか?
08081014.jpg
で、当たりは5話6話辺りから書いてきたシェリルがスラム出身という予測。
この「シェリルはスラム出身」が私のシェリルの心情分析の出発点になっていた為、外してたらキャラの心情を語るようなレビューする資格無いなって感じだったので、まぁ当たって良かったです。

で、本編見て思ったのは…
08081015.jpg
ナイス不幸!
シェリルが(立ち直れる事前提で)ドン底に落ちる事はキャラの特性上お約束なので(ルルーシュなんかと同じ)、「ドン底描写をどう表現するか?」が第一のチェックポイントになってくるのですが、中々良い感じ。
シエリルにとって、スラムから自分の力で這い上がって今の地位を気付いたと言う自負があり、それは今や人気絶頂のランカの存在やグレイスの画策があったにせよ事実でしょう。1話等で見せてきたプロ根性や歌への情熱を見れば分かります。
しかし、そういった自分の認識が全て打ち砕かれた(と思ってしまう状況に陥った)と言う今回の展開は見事。
その上、不治の病と言うオマケ付きで不幸さ倍増、ロリ時代の映像で更に同情を買う作戦。ランカファンの酷い台詞やワゴンセールでシェリルのアルバムが扱われている事と言い、思いっきり露骨に狙いが見えています。
まったく舐められたものだ…
08081010.jpg
そんな餌で、この俺が釣られるとでも(以下略)
ちなみに、フィギュアは2004夏WFでの、起きて半畳寝て一畳さんの作。

08081016.jpg
そうそう、ランカの苦しみだけど、体内にフォールドクオーツでもあるのかね?
ランカの歌にあると言うフォールド波は、ヴァジュラの体内のフォールドクオーツに干渉するいわゆる「ヴァジュラ同士のコミュニケーション手段」であり、ランカは体内にフォールドクオーツを持っているので「歌」と言う思いを伝えようとする行為によってヴァジュラに交信出来る。
そして、ヴァジュラが死ぬと、その苦しみがヴァジュラ側から発せられるフォールド波となってランカの体内のフォールドクオーツに干渉する……みたいなカラクリ?

08081013.jpg
それにしても、マオはおばあちゃんになってもカワイイ系だなw
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

お久しぶり(?)です
敷金0円が怖いってのは結構、有名ですよね。
テレビでもよく取り上げられていましたし。
未だ親もと暮らしの私にはあまり実感はありませんがw

>マクロスF
マクロスFの吉野は良い吉野だなぁとしみじみ実感。
シェリルがいつ落ちるいつ落とすとwktkしてる中で見事に期待に落として見せた。
今の所は悪い癖も出てないんで最後までこの調子でいってもらいたいなぁ
比呂飛鳥 | URL | 2008/08/14/Thu 12:02 [EDIT]
re:比呂さん
ども、お久しぶりです!

いやぁ、マクロスFは良い感じですねぇ。

最初の内は「マクロスは恋愛要素強いから吉野脚本はどうだろう?」と懸念していたのが嘘のよう。
河森正治監督&吉野弘幸脚本と言うのは相性が良いのかな?
黒川 | URL | 2008/08/14/Thu 21:19 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。