スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カラオケ
・今回のレビュータイトル
 「魍魎の匣 #07」
昨夜は飲み会だったのですが……
二次会のカラオケが1時間だけだった事に対し、約一名が非常に不満を抱き「年末は、平日に休みを取って集まり、平日昼間のフリータイムを利用してカラオケ大会を行いたい」とか言い出しました(--;
いや、まぁね。俺は12月は引越しがあるから2~3日纏めて休むとは会社に言ったので(おかげで、11月は土日も休めない)可能か不可能化でいえば実現可能だけどね…
カラオケ以外もやりたいなぁ…ここのカラオケ屋、ダーツやビリヤードっていくらなんだろう?

> 魍魎の匣
08111911.jpg
何と言うか、ウンチクだけを延々と(--;
しかも、説とも言えない様な空想を思い巡らせ、自分の中ではある程度の結論を独自に得ている辺りが、自分を見ている様で嫌だ。
私もウンチク好きな人間だしなぁ…そもそも、超常現象の類を信じていないのにそう言うウンチクを語る辺りも(^_^A
そう言えば、以前「回路のレビュー」で、幽霊の存在を認めない前提で、仮に存在するとしたらこうだろうみたいな自説を書いたけれど、アレに近いな(--;

序に恥をさらして置くなら、回路のレビューの際に書いたのは「霊魂」の話で、幽霊は魂とか死人とかが関係ない現象だと言うのが私の考え。
臓器移植、とりわけ心臓移植した人間が臓器提供者の趣味趣向の影響を受けるとか、記憶の一部を得ると言ったような例が在りますが、情報を記録しておくのは何も脳だけではなく、脳はのその能力に特化していると言うだけで、臓器に限らずあらゆる物が情報を蓄積している訳です。その情報をうまく読み取る事ができないだけで。
例えば自動車事故。車体の傷の付き方、道路のブレーキ痕、etc…そんな情報が目の前にあっても、普通の人はそれが情報である事さえ分かりません。が、車両事故分析のプロには「何でそんな事まで分かるの?」って事まで読み取ります。
磁気カードやDVDなんかのメディア、あるいはバーコードも、人間には直接情報を読み取る事ができないだけで、情報が書き込まれている訳ですし、情報を読み取る為の適切な方法で情報が読み取れる訳です。
RD潜脳調査室の「海が記憶媒体」と言うのも同じ発想だし、DNAなんかもそうだよね。
で、もっと非現実的な例だとサイコメトラー。あれも、物体に記録された情報を読み取るやり方を知っていると言うだけで、「それ」を触媒に過去視をすると言うような能力ではないでしょう。
それと同じように、幽霊と言うのは情報が場所なり何なりに残された情報であり、霊能者が「それ」をみてどうのと言っているのは、全て彼らの思い込みが「それ」から受け取る情報を歪めているだけで、例えば数人の霊能者が同じ場所を霊視して異なる事を言ったとしても、その差異は思い込みによるものの差かなと。
思い込みと言うのが悪いならフィルターの差。普通の人間には見る事のできない霊と言うものを見る事ができるフィルターを彼らは持っているんだけれど、そのフィルターによって見え方が異なると言うか…そんな事でしょう。勿論、彼らは修行によるものだとか生まれ付いての霊能力だとかで霊が見えると考えており、フィルターがどうの幽霊が情報だのと言う感覚はまったく持っていません。
幽霊が頑固だとか言う話も良く在りますが、ビデオテープを何度再生しても同じ内容が繰り返されると言うのと似たようなもので、除霊と言うのは「霊能者の思い込み」が一方通行の再生機能だけでなく、情報の書き込み機能でもあるからなんだろうと。
霊障と言った現象も、思い込みってのが大きいだろうなと。「幽霊を見た→悪い事がおきるに違いない」みたいな。或いは、幽霊を見たという極度の恐怖自体が新たな情報として書き込まれてしまい、みた者に祟る悪霊を作り出してしまうみたいな。

08111912.jpg
とまぁ、そんな事を考えてみた事も在ったのだがね(^_^A
(勿論、ほんの思いつきで論にすらなっていない)
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。