スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漫画版は好き
特撮好きなエジソンさんに「(天道と良太郎がメインで出てる)メイちゃんの執事は?」と聞いたところ、
「ジンマシンが出そうなのでスルー」との素晴らしい回答を頂きました。

まぁ、漫画原作のドラマは原作の解釈の仕方による改変の方向性が見所であり、改変上等なのですが……
ドラマ始まる前に知人から(5巻まで)原作を借りて読み、一番好きなキャラだった(前半落として後半持ち上げる作戦は見え見えにせよ)竜恩寺泉の駄目改変振りが目に余るので、私もドラマ版は駄目ですな(--;
改変の仕方としても、大幅に原作に居ないキャラを増やしている辺り好きになれません。改変するにせよ基本的には原作に居るキャラでやり繰りするのが筋と言うもので、名のあるキャラの半分は原作に居ないとかって、料理大会で主催者側が用意した食材無視して、殆どの材料を持ち込んで調理するようなモンだろうと。

そんな訳で、原作版はメイのクラス7人なんですが、その7人が原作ではこんなに良いキャラなんだよ(一部除く)という話をしてみようかなと。
とりあえず、私が好きな順で紹介。

竜恩寺泉
泉
先ずは何と言っても彼女。
メイのクラスの委員長にして竜恩寺家当主。ドラマ版と違って意外とお茶目で砕けた性格。美人で気高く、何をやっても有能(一部例外あり)で、これを取られたら如何なる非道な命にも従わざるを得ないと言う弱点を持つといった「アンタは少女革命ウテナのキャラか!Σ(゚ロ゚)」的な人物。
学園の生徒に限らず執事も含めた皆が憧れる忍(後述)の存在を最初から疑ってかかっていたりと、物事を見抜く目にも長け、ストーリーを進める上でも便利な人。
泉2
おまけに笑うと歳相応に可愛いんだ。これが。
もう最高。

華山リカ
リカ
ツンデレとデコと言う二大リーサルウェポンに加え、胸が無いのを気にしていると言う非常にツボにはまった子。
胸が無い子は、胸が無い事自体が良いのではなく、それをコンプレックスにしているのが良いのであって、どこぞの「貧乳はステータスだ」とか言うような馬鹿はゴミ以下です。
彼女が貧乳気にする描写は描きたいけど(ストーリーが進みすぎて)描けなくなった幻の企画ですが(--;
泉の親友だが、有能な彼女と異なってルックスを取ったら主人公並み(生活能力0、勉強そこそこ)で、執事の青山が居ないと凄い事になってしまう。そんな状態で青山を切り捨てるような見境の無い行動に出るあたり、感情だけで動いてるなぁと。
いや、もうね。彼女は不機嫌な顔してる事が多いのですが、くだらない事でプリプリ怒っている彼女は可愛いですね。
ちなみに名前は香山リカからだそうな(^_^A

本郷詩織
ルチア
ヤンデレのエロ要員w
陰→星→月→太陽と言う学園の格付けの中でも、太陽の最高位である聖女ルチア。そして、メイが現れるまで本郷家の次期当主。縁者から養子縁組をして本郷に入ってきた子で、4歳と言う幼さで無理やり親から引き剥がされて英才教育を受け、そんな本郷家の生活の中で唯一彼女を理解していた理人(演:水島ヒロ)に惚れる。
が、血の繋がった孫であるメイの登場でお払い箱。本郷家と理人をメイに奪われる。自分の存在意義と自分にとってかけがえの無い人物を一度に奪われたのだから、そりゃぁ心を病んでもしかたねぇ(--;
しかも、彼女の行動は執事の忍が誘導していると思わせる節もある為、免罪符を用意された悪役と言うズルイポジション。
それまでは主人公が格付けランクを上げる意義が希薄だった訳ですが、「決闘は同格か格下の相手にしか申し込めない」と言うルールの存在で、主人公が成り上がると言うストーリーに必要性を持たせたと言った点でも良いキャラだ。
ちなみに、メイの同級生は基本的に〈7人中4人は〉13~14歳ですが、彼女はめったに授業に出ない(24話でメイを陥れる為に初登校。そして次の日からまた引きこもりw)為に、ダブりまくって二十歳の中二……(^_^A
泉ちゃんが二十歳と言う方がしっくり来る程の童顔だ(^_^A
おそらく、メイと理人を取り合うと言う役柄上、歳相応に見えると大人気ないからなんだろうなぁ……実際、中二の女の子と男を取り合う二十歳の女性は絵にならない(--;
あと、未成年だとエロ不可能だから、「ジャパニーズギャルゲーの法則」と言う意味合いもあるに違いない(殆ど死んでいるの過去ログ、ダブルオー04参照)。

夏目不二子
不二子
フ~ジ子ちゃ~ん!
お色気要員その二なのですが、ルチア様と違って未使用品(笑)。そしてダブりの18歳(^_^A
ヤクザの父と香港マフィアの母と言う政略結婚でできた娘で、母親は抗争によって死亡。そんな出自の割に、おちゃらけて見えても人として真っ直ぐに育った良い子。
執事の根津ちんとラブラブ。
不二子2
こんな地味な子を(自分好みの)今のフジ子ちゃんに育て上げた根津ちんは、リアル育てゲーの勝利者だ。弟子入り志願者多数(推定)。

東雲〈本郷〉メイ
メイ
主人公。
落ち込んだりもするけれど、基本的に明るく前向き。そしてお人好しという、絵に描いたような主人公的性格の持ち主。
あまりにも主人公のテンプレ的な存在の為、書く事が無い(--;
他に書くこと……
ああ、14歳で凹凸の無いスタイルのワリに、意外にエロシーン多し(^_^A

麻々原みるく
みるく
飛び級でメイと同級生の5歳児。
ドラマではオカルトマニアを他のキャラに取られてましたが、本来はこの子の設定。しかも、本当に効くワラ人形を作ったり、水晶玉にビジョンを映したりと、霊感0のドラマオリキャラと違ってモノホン。

山田多美(仮名)
タミー
おそらく、一番の親友と言うポジションで作られた筈が、担当さんの「面白いキャラで」と言う意見を反映させすぎて、親友ではなくマスコット(人外)とうポジションに落ち着いた謎多き少女。名前も本名ではない様な事がちらほらと……
忍者?

ところで知人は5巻までしか持ってないんだけど、8巻まで出ているらしいんだよなぁ……
弟も、医龍の19巻なかなか買わないし orz
結構、他力本願で読んでいる漫画多いなぁ(^_^A
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。